不易流行の第二生を送る。

『不易流行』
不易:いつまでも変わらないこと
流行:時代々々に応じて変化すること
すなわち、「不易流行」とは、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを取り入れていくこと。また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること。

私の人生においての「不易」とは、
①敬天愛人
②絶対積極(ぜったいせきぎょく)
③応援人生
をモットーに生きることだ。

人生は季節に準えられる。

生まれて東京大学を卒業するまでは、人生を模索する時代だった。
人はこの時代を「青春」と呼ぶが、私に言わせればこの時代は暗闇で明かりを追い求める冬だ。暗く沈んでいく暗い冬ではなく、人生に希望を持って素晴らしい人生を生きていこうとする、春を思う明るい冬だ。 人生は「玄冬」から始まるのだ。

闇夜は暗いが、希望ある暗さだ。その暗さが、来る春夏秋を一層明るいものにする。
私はこの玄冬の時代に、「応援の本質」をこの身に叩き込んだ。

社会人として安田信託銀行に44歳まで21年間奉職したが、これが私の「青春」時代だろう。
皆さんに助けられて、銀行員らしくない21年間を送った。
人事部に8年に亙り所属し、人を生かすポイントを学んだ。
そして、その後の営業部では、ベンチャービジネスとの取引開拓に携わった。上場を目指す「ベンチャービジネス起業家」の応援だ。私の「青春」は安田信託銀行時代だったと思う。

そして、稲盛和夫さんとの出会いもあって、「限りある人生、もっと得手を磨いて私しかできないことをしたい」と銀行を飛び出した。 生簀の魚が大海に飛び込んだようなものだ。七転八倒、紆余曲折ながらも、真っ直ぐ生きた四半世紀だったと思う。これが私の「朱夏」だ。燃えるような「朱夏」だった。 この「朱夏」の時代の出会いは「寄らば大樹」でなかったが故に、私にとって素晴らしい人たちとのつながりができたと思う。

苦は楽の種
苦を磨き砂にする
感謝と謙虚

私の「玄冬」と「青春」と「朱夏」の70年が私の第一生だ。そして、昨年の生前葬で第一生を終えた。

第二生は、第一生の生前葬の瞬間移動の出陣式がスタートだ。
人生を一旦区切って新しい人生を生きる。その「第二生=私の白秋」はこれからの人生だ。
それから間もなく1年が経つ。助走期間は過ぎた。これからが第二生の本番だ。
人生の集大成として、第二生がある。実りの秋こそ、私が生まれた証明だ。

今年、OUEN Japanの「OUEN信念会」で「女性の活躍が日本を元気にする」とテーマを掲げた。
世の中は男と女で成り立っている。人類は男と女が協働してこそ、皆んなが幸せになることができる。女性の活躍は男性を応援することでもある。

SDGs
ダイバーシティ&インクルージョン
女性活躍

アンナ(Flora CEO)と出会って、今まで全く関心がなかったことが、これからの日本を元気にすることだと気がついた。

松下幸之助さん曰く、
「素直な心が人生を豊かにする」

PMS
生理痛
月経
更年期
フェムテック

世のため人のため、
女性のため、
男性のため、

生きる哲学=不易を死守することで流行を追い求める。それこそが不易の本質だろう。
第二生は、不易流行で人生を送りたいと思う。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

「己の欲する所に従えども矩を踰えない」第二生を生きる 。

ここのところの私の日常は一般の同年代とは相当違うのではないか。
平常の日は、20時頃に眠気を催し床に就く。その前にリビングで横になってうつらうつらする時間が20〜30分はあるだろうか。その時間を入れると、19時半頃から眠りのモードに入っている。孫たちよりも早い。
そして、頻尿の気があるので夜中に何度か起きるが、直ぐに眠りに就く。
3時前に目覚めるともう眠気はどこかに行ってしまっている。寝足りた感もあり、そこでガバッと起きて徒歩2分の事務所に出掛けるのだ。

そんなことで、6時間は寝ているだろう。寝足りない時は、朝食を摂った後で自宅で30分くらい仮眠する。
そして、9時には爽やかな気分で1日をスタートさせている。

杜甫の詩の「人生七十古来稀なり」から、70歳は古稀(古希)と呼ばれている。
今でこそ、「人生100年時代」と言われて、百寿者は86,510人(2021年9月住民基本台帳)、その中で女性の百寿者は88%を占めているが、杜甫の時代は70歳まで長生きする者は極めて稀だった。

今は昔の8掛け、いや7掛けかもしれない。今の70歳は昔の50歳だ。まだまだ働き盛りとは思う。
しかし、やはり「無理はよそうぜからだに悪い」から70歳から、生まれ変わって「心機一転」、真逆の新しい人生を始めると思って生きたほうがいいと思う。
そんな意味から、杜甫の「人生古来稀なり」を現代に生かすべきだろう。70歳は二毛作人生の区切りの歳なのだ。

では、70歳からの人生を如何に生きるべきか。そのヒントは論語為政篇にある。

十有五にして学を志す
三十にして立つ
四十にして惑わず
五十にして天命を知る
六十にして耳順う
七十にして己の欲する所に従えども矩を踰えず

「70歳になってからは、心の欲するままに行動しても道徳の規準を外れることがない」ということだ。すなわち、70歳以降は「従心」の通り、達観した心で、世のため人のために尽くす仕上げの秋冬なのだ。

それを私流に解釈して、これからの第二生を生きていきたいと思う。

それは、人さまに迷惑をかけず、無理をしないで生きる。自分の天性をそのまま生かし(自然体で、人の機嫌を気にするような忖度をすることなく、私流で生きる)、人さまに喜ばれる「人のために」生きることだ。
人さまに心から「ありがとう」と言ってもらえることを、自分を飾ることなく実行する人生を生きることだ。

第一生は紆余曲折、七転八倒の人生だったが、真っ直ぐ生きてきた。

「不易流行」
変えなければならないこと、決して変えてはならないことを弁えることだ。

第一生で学んだ哲学を、第二生でも死守し、それをベースにして果敢に行動することだ。

「タイムイズマネー」
我が人生、いつどうなるやも知れず。道草をせず、コスパも考慮に入れて、信頼できるパートナーたちと手を取り合って行動する。
夢を追いかけ、実現させる。

ゼロからのスタートだが、ゼロからではない。

70歳とはそんな人生の大きな区切りの歳だと痛感している。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

天風哲学とOUEN Japan

昨日はアポも入っていなかったことと雨模様でもあったこともあり、ウォーキングもせずに事務所で読書の一日だった。

積ん読していた中村天風述の『盛大な人生』を読んだ。
天風門下には原敬、東郷平八郎、山本五十六をはじめ錚々たる日本の歴史上の人物がいる。松下幸之助さん、稲盛和夫さんも中村天風師に深い共鳴を示し、その教えを自らの人生や事業経営に活かしている。

私は松下哲学・稲盛哲学を信奉する人間だが、その原点がこの天風哲学だ。中村天風師はまさに超哲人だ。読んでいてその生命の迫力に圧倒される。 私の精神はその高みにはまだまだ程遠く、畏れ多いが、古稀を過ぎて、その山の一合目くらいにはたどり着いているのではないかと自負している。

今月からFloraの応援団長として本格的に活動をスタートさせた。
昨日もCOOの髙田さん(中央大学生)と打ち合わせの時間を持った。Floraはベンチャーだ。そして、社員はダイバーシティを絵に描いたように国籍、性別ともバラエティに富んでいる。ただ、老若男女の老がいないだけだ。その老の一旦を私が引き受けようと思う。

その「老」の条件は、あくまでも応援に徹すること、身を弁えること(汝自身を知ること)、若者に負けない「成功への情熱」を持っていること。「ビジネスは世のため人のためにある」というビジネスの本質を死守してビジネスに取り組むこと。

OUENとFloraがコラボレーションして、これからの日本を元気にしたいと思う。
まずはこの1年、OUEN Companyをはじめとする多くの企業にFloraを知っていただき、そのサービスを採用いただくことだ。 そのためにもサービスをブラッシュアップし続けることが欠かせない。
私はその一助になりたいと思う。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

第三生としてのエンディング期

先週土曜日に受講した「終活概論」を受けて、昨年「生前葬&出陣式」を行なったことも踏まえ、改めて我が人生を考えた。

人の人生は人それぞれ、個別性がある。特に、私の場合はそれが強い。
人には自立期とエンディング期がある。ピンピンコロリは理想だが、それはある意味で自分勝手であり、家族や親しい人たちのことを全く考えていない自己中の極みだ。やはり、どんなエンディング期か分からないが、それなりのエンディング期を想定しておくことが人として生きてきた人間の務めではないかと思う。私は今までエンディング期を全く自分ごととして意識していなかった。

人生には「春夏秋冬」がある。今の私の季節は「秋」だ。
また、私は人生の区切りとして、昨年、生前葬&出陣式を行なった。
第一生に区切りをつけ、第二生をスタートさせたのだ。

その第一生にはまた、第一生の春夏秋冬があった。私の場合、その春夏秋冬は私の生まれてきた意味を追い求めてきた一生のような気がする。
東京大学時代までの青春(0〜22歳)、安田信託銀行時代の朱夏(23〜44歳)、稲盛和夫さんとの出会いを経ての新たな人生の白秋(45〜69歳)、生前葬を執り行おうとして第一生を締め括った玄冬(70歳)。そして、未完のまま、第一生を終えた。

第二生はその未完であった人生を結実させる「実りの秋」にしたい。第一生の白秋を極める「秋」なのだ。
その始まりは70歳なのだが、その終わりは天のみぞ知る。それは50年後かも知れず、30年後かも知れず。はたまた、明日かも知れず。

そして、エンディング期である第三生が続く。自分の意思で生きることができなくなる第三生だ。
私に人を思い遣る「恕の心」があるのなら、第三生のエンディング期のために、今の第二生できちんと「終活」をすることが不可欠なのだ。

生を考えることは「死を真正面から見つめて生きる」ことである。心に生と死の両極端を併せ持つことで、幸せな人生を生きることができるのだ。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

終活セミナーに参加する。

了聞にて開催された「終活セミナー」に参加した。
題目は『終活概論:終活のはじめの一歩』。同じ「シュウカツ」でも就職活動の「就活」は、その意味は明確だが、「終活」は「人生の終わりを見据えての活動」であり、人生が終わったら後はどうなるか誰も分からないのだから、あまり考えたくないことは後回しになってしまう。

人生地図には「自立期」と「エンディング期」がある。
私の今はまだ自立期であり、全てのことは自己管理可能だ。
それは何事も自分の意思で決定することが可能だということであって、人に頼らず生きているということではない(人間は決して一人では生きることができない)。
しかし、いつか認知症になって判断力が失われるようになる時期が来るのだろう。理想はピンピンコロリで生涯現役を貫くということだが、これだけは自分がそう思っても思い通りにならないのが人生だ。

自立期にしっかりと「エンディング期」について「学ぶ」そして「決める」そして「託す」ことをする必要がある。それを形にするものがエンディングノートなのだ。
私はこの前から「転ばぬ杖」と思って「エンディングノート」を書き始めたが、これは雑記帳でもいいのではないか。気になったことをそのまま書いておこうと思う。まずはここからだ。

セミナーを聴いていて、改めて、生前葬&出陣式をして良かったと思った。

人生には春夏秋冬がある。秋に実がなり、人生の終末である冬を迎える。その終末を如何に楽しく明るく過ごすかが「人生の幸せ」ということだろう。 しかし、それは「下り坂の人生」が始まったということなのだ。その下り坂の人生をどう生きるかが「終活」の一つのテーマである。

私はこれは少し面白くないと思う。下り坂の人生ではなく、登り坂ならぬ「上り坂」の人生のほうがより明るく楽しいのではないか。

宇宙の大流に沿って生きる。
そんな「エンディング期」を送ることは幸せである。それは、下り坂の人生をそのままに生きることだ。

しかし、私はちょっと欲張りに、宇宙の大流に棹さして生きていきたいと思う。それは下り坂から上り坂にソフトランディングすることだ。そのために一旦生を終え、新しい生をスタートさせることで下り坂を上り坂に変える。第二の人生を残り物と考えず、下駄を履いてゼロからのスタートを切る。それが生前葬&出陣式だ。

✴︎「流れに棹さす」本来の意味
傾向に乗ってある事柄の勢いを増すような行為をすること

生前葬&出陣式をする年齢は、人生100年の半分の50歳から、還暦の60歳、古稀の70歳まで。
古稀を過ぎると第二生を生きる期間を考えると遅すぎる。
私の70歳が最後のタイミングだろう。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

魂の進化、深化、純化を追求する。

心が穏やかになると、自然と草花を愛でる心になる。
5月は新緑の季節だ。昨日の午後は16時から2時間ウォーキングを愉しんだ。

昨日のウォーキングは、緑多いコースだ。東京は大都会だが、実に緑が多い。心安らぐ街だ。

外苑前〜赤坂御所〜四ツ谷駅〜(麹町大通り)〜半蔵門〜千鳥ヶ淵緑道〜靖国神社〜(靖国通り)〜市ヶ谷駅〜防衛省〜富ヶ谷〜(外苑西通り)〜国立競技場〜外苑前。約2万歩。

靖国通りの花屋でミニ観葉植物を買った。早速、事務所の書斎コーナーに飾って水遣りをした。
一昨日も表参道の花屋で3輪の向日葵を買って花瓶に刺した。
MYパートナーズさんからいただいたアマリリスは、白の花は早咲きで枯れてしまったが、赤はこれからだ。狭いベランダで蕾は間も無く開くだろう。

NHK朝ドラの”らんまん”を毎朝視ている。ここのところの朝ドラは視ていなかったが、今回の主人公の牧野富太郎(テレビでは槙野万太郎)博士を務める神木隆之介さんに私は好感を持っていることもある。そして、ドラマはピュアで面白い。

万太郎は「雑草という名の草はない」と言う。草花は戦わない。生きることは戦いなのかもしれないが、草花の世界には人間のような醜い戦いがあるとは思えない。まさにこれからの世界が目指すSDGsだ。

この世に生まれてきた、生きとし生けるもの全ては何らかのミッションを持って生まれてきたはずだ。人を傷つけることがミッションであるはずがない。どうして人間は争うのだろうと思う。「たたかい」は、戦いではなく「自分との闘い」であるべきで、人のお役に立つ生き方をすべきではないのか。

雑草という名の草はない。一人一人皆んなその生物固有の名前があり生き方がある。それをお互いが尊重し合う。思い遣りを持つ。
私は万太郎のような生き方をしたいものだと思う。そんなことを事務所に植えた草花を見て思いを致す。

私は運がいいと思う。
昨年6月4日の生前葬&出陣式は、何も考えた末に行なったものではない。成り行きで、それに意味を付けて行なった。結果、それが私の人生を実に意義あるものにしてくれている。 70歳での区切りは何も私の哲学を変えるものではない。寧ろ、哲学の進化、深化、純化になった。
第一生の経験をベースにして、第二生は真逆の対象を通じて進化、深化、純化していく。新しい人生を生きる。魂を磨き続ける。

生前葬&出陣式から間もなく1年だ。1年の助走期間を経て、6月から新しい小林博重がスタートする。いや、不動院重陽博愛居士だ。

心穏やかに第二生を生きていきたいと思う。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

人とのつながりの私のパイプを生き返らせる。

GW明けの5月8日から、新型コロナウイルスの感染症上の位置付けが「2類相当」から「5類」に移行した。それでコロナはその効力が減退するものではないが、やはり気分はずっと解放される。

私は、5月は8日から31日まで、東京でOUEN COMPANYをはじめとする企業をアンナを同行して訪問を開始したが、外ではマスクを外している人たちは少しずつ増えてきている。 会話をせずに歩行すること、電車の中でも混んでいない時には会話をしないことを守れば、マスクを外していても全く問題はないだろうと思う。
日本人は外国人と違って同調圧力に弱いところがあるからなかなかマスクを外すことに抵抗はあるのだろうが、徐々にその比率は高まっていくだろう。それを「どうだこうだ」という人たちがいるが、そんなに目くじらを立てるようなことではないと思う(日本には、もっと目くじらを立てることが山ほどある)。

私は、企業を訪問したり、私の事務所に来ていただいたりして皆さんとコミュニケーションをするが、やはりウェブよりもリアルが絶対いいと実感する。あくまでもウェブは補助的なものだ。

昨日もある会社の社長を訪問したのだが、その1時間足らずの会話の中に、決してウェブではいただけない情報を入手することができた。雑談の中にそんな情報が散りばめられているのだ。

それはストレートな情報に限らない。私の枯れたパイプを生き返らせてくれるヒントをいただくことも間々ある。それを昨日の訪問は叶えてくれた。早速、それを活かしてアクションを起こし、次の一歩を踏み出すことができた。 リアルの大切さを実感したありがたい訪問だった。

私は仕事柄、人とのつながりが生命だ。しかし、人とのつながりのパイプにどれだけ生きた水が流れているかといったら、その比率はそれほど高くない。「袖振り合う縁をも生かす」大才を目指している私としては、それは実に情けないことなのだ。

現実は、何も流れていない枯れたパイプは多いのだ。特にコロナ禍であれば、輪を掛けてその比率は高まっている。

それを何とかしたいといつも考えている昨今だった。

そんなところに、アンナが現れた。そして、そのFloraのサービスが、私のパイプを生き返らせてくれ、OUEN COMPANYのビジネスマッチングにもそれは多大なる貢献をしてくれることを願っている。 また、OUEN塾はもう少しコロナが落ち着いたことを見極めてから再スタートすることになるが、そのベースづくりにも貢献してくれると思う。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

前頭葉を鍛えよ!

「80歳の壁」の著者である和田秀樹さんの最新作「不老脳」を読んだ。

前頭葉を鍛えよ!

意欲や創造性、理性を司る前頭葉は40代から萎縮するのだそうな。しかし、前頭葉を鍛えるのは80歳でも間に合う。70歳の私はまだまだ余裕綽々と言ったところだ。

老化を食い止めるには、
①まず「2分割思考」をやめる
善と悪の2分割ではなく、善であっても性が弱のため、悪に染まる人がいる。そんなグレイの人のことも理解することだ。
②実験をしてみる
何事にもチャレンジ精神を持って人生を生きよということだ。
③運動は欠かせない
ウォーキングやラジオ体操をする。スプリットタイムを活用して、こまめに身体を動かす。
④人とつながる
人とつながることは私が一番大好きなことだ。
⑤インプットからアウトプットへ
OUEN Japan は私のアウトプットである。学生たちと企業の皆さんと地域創生、女性活躍の応援。

この①〜⑤を私は結構実行していると思う。生涯現役、少なくとも100歳までは現役で頑張りたいと思う。

これを一人でやるにはちょっと無理がある。「無理はよそうぜ。身体に悪い」が合言葉であれば、無理をせず、①〜⑤を継続するには、私にはない「肉体の若さと女性の感性」との緩やかなつながりを持つことだろう。 勿論、私は老であり男であるからこの同類との付き合いはそのまま続けて行く。私にはない異類の人たちとの付き合いが前頭葉を鍛えるポイントなのだ。

今やらなければならないことと、先々を見据えて考え並行して動くことをバランスよく実行することだ。

私の場合は、応援に徹すること。分を弁えること。今まで以上に「汝自身を知る」こと。「応援」こそが私に与えられた得意技だとしっかりと自覚すること。

全て身に起こることは天の善き配剤であり、「私は運がいい」と、ありがたく全てを享受すること。

昨夜の夜の会食は老若男女5名の異質のメンバーの集まりだったが、それも天の配剤だ。
全てがありがたい運命と思う。

宇宙の大流に逆らって生きることは不幸でしかない。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

SDGsで生き残る必要十分条件

アンナと企業訪問して、間々、思いがけない新たな発見に出くわす。
Floraが提案するサービスが、今までのビジネスマッチングとは一線を画すサービスだからだろう。それも人財育成の観点の中でも女性活躍推進のツールとして、SDGsにマッチしたAI&ITを駆使した新しいサービスだ。
私のようなアナログ人間には扱うには真逆なサービスなのだが、それだからこそ私が持ち合わせていない老若男女の内の「若者」と「女性」の力を合わせて、新しいサービスを推進していきたいと思う。

OUEN Japan のミッションのキーワードは、「若者」「大学生」「留学生」「地域創生」に「女性活躍」が加わった。
ミッションは、「老壮青」「老若男女」が同じ方向を向いて、協働してこそ達成することができる。

日々の活動を「考えながら動く」ことで、Flora&OUEN Japan のコラボレーションが総天然色で見えてくるのではないか。やっと走り出したばかりで、少なくともあと半年は無我夢中で全力疾走することが必要だが、見えてくるまで走ろうと思う。

強くなければ生きていけない。
優しくなければ生きていく資格がない。

私は今まで男だという理由でだろうか、前者の「強者」を目指して生きてきたように思う。人生、負けてはお終いだからだ。
しかし、これからのSDGsの世界は、『「生きる資格」があるかどうか』が判断基準のポイントになる。強いことは当たり前。必要条件だけでは生きてはいけない。これからの生き残る「必要十分条件」は、『強くて優しいこと』『相手を思い遣る「恕の心」を持つこと』なのだ。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

「人」にフォーカスした経営

アンナとの珍道中のスタートだ。昨日は、西武信用金庫髙橋理事長との面会(髙田COOも同席)と、きらぼしコンサルティング強瀬会長、ペアブレイブ臼井社長との夜の会食だった。 信用金庫と地方銀行、いずれも地域に密着した金融機関であり、両とも首都圏の地域に根ざした企業とのパイプは太いものがある。
両社は地域創生のキーカンパニーであり、Floraも彼らとのコラボレーションを通じて、より早く、より広く、そのミッションを果たすことができるのではないかと思った。

また、OUEN Japan は学生たちの応援団であり、彼らを応援してくださる企業の皆さんの応援団だ。そして、延いては、私たちが住み働き学ぶ地域の応援団になりたいと思う。 そんな想いの底辺に「それぞれの人生を活き活きと生きる人たち」がいる。コアに”人”がいるのだ。「人は人のために生きる」意味とはそう言うことだ。

『京セラフィロソフィ手帳』の最初には、下記のように「経営理念」について書かれている。

経営理念で高らかに謳われているように、京セラでは全従業員の物心両面にわたる幸福と人類社会の進歩発展に貢献することを経営の目的としています。
私たちが目指す物心両面の幸福とは、経済的な安定や豊かさを求めていくとともに、仕事の場での自己実現を通して、生きがいや働きがいといった人間としての心の豊かさを求めていくものです。
また、私たちは常に技術を磨き、次々に素晴らしい製品を世に送り出していくことによって、科学技術の進歩に貢献するとともに、会社として利益を上げ続け、多くの税金を納めることなどを通じて公共の福祉の増進に貢献していくのです。

今後もこうした経営目的を果たしていくために、私たちは自らの力で、京セラをさらに、発展させ続け、社員一人一人が安心して将来を託せる会社にしていかなければなりません。

京セラフィロソフィは、そのための行動指針として、また素晴らしい人生を送るための考え方の基準として、体得し実践していかなければならないものです。

SDGs、ジェンダー平等、サスティナブル経営等、世界の潮流は漸く「人」にフォーカスするようになってきた。
FloraもOUEN Japan も、その大きな潮流に乗って全力疾走しよう。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)