OUEN新年会(信念会)のご挨拶文を考える。

投稿者:

女性たちに集まっていただいてOUEN新年会(信念会)をしようと思っている。

その冒頭のご挨拶のたたき台を考えてみた。

不動院重陽博愛居士

(俗名 小林 博重)

皆さん、明けましておめでとうございます。

今年の干支はうさぎです。コロナが収束して、みんながピョンピョン飛び跳ねることができる年になってほしいものです。

平成26年1月にOUEN Japan を設立し、早いもので満9年が経ちました。毎年、年末には“来年に望む”という意味を込めて、OUEN望年会を開催しておりましたが、コロナ禍でここ2年は中止を余儀なくされておりました。

昨年は、私が70歳の古稀になったことを機に、6月に生前葬と第二の生のスタートとして人生の出陣式を行い、新たな気持ちで人生をスタートさせました。

そんなことで、心を新たにして、今年からのOUEN新年会を、“信ずる、念ずる”の意味を込めて、“OUEN信念会”として再スタートしたいと思います。

私は大学を卒業して安田信託銀行に勤めました。40歳を過ぎた時に事業法人の新規開拓営業を任されました。ベンチャービジネスをはじめとして中小企業との取引開拓をする仕事です。

そこで知り合った経営者の何人の方が、稲盛和夫さんが塾長をされていた「盛和塾」の塾生でした。彼らは私に「小林さんは銀行には向いていない。今度、稲盛さんが東京の盛和塾にいらっしゃるからお会いする機会をつくろう」ということで、稲盛さんにお会いすることができました。そして、稲盛さんとの出会いが私の人生を変えました。たった一回の出会いです。それが人生を180度変えてしまうのです。それが一つの切っ掛けにもなって、44歳6カ月で銀行を退職し、それから七転八倒・紆余曲折を経て、平成26年のOUEN Japan の設立に至ったのです。

OUEN Japan はその名の通り、「日本を応援する」NPOです。

その大義は、学生たち、企業の皆さん、地域の創生の応援ですが、New OUEN Japan は、エッジを効かせて、この大義を果たていきたいと思います。

そして、今年のエッジは「女性リーダーの育成」としたいと思います。日本が元気になるためには、人口の半分を占める女性が活躍する社会にならなければならない。

私は人生の70年間、多くの女性たちに支えられて生きてまいりました。ほとんどは、私がやりたいと思ったことを支えてくれる女性たちばかりでしたが、それで女性たちは満足しているのだろうか、果たして彼女たちの能力は十分生かされていたのだろうか。

平塚らいてうは「元始、女性は実に太陽であった。真心の人であった。今、女性は月である。他によって生き、他の光によって輝き、病人のような蒼白い顔の月である」と言っています。

私はそうではないと思うところもありますが、そうだと思うところもあります。

そうでないところがあると思うならば、それを私は直さなければならないと思うのです。

私に何ができるか分からないが、日本を元気にするためには、私が持てる力を「女性リーダー育成」に注力することを真剣に考えよう。意識して女性に光を当てていこう。そう思うに至りました。

そんなことで、今年はOUEN Japan のエッジを「女性リーダー育成」にしたいと思います。

ここにお集まりの皆さんが日本を元気にする想いを持って、人生を生きていっていただくことを願って、私のご挨拶と致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です