石川県出張を終えて、北陸新幹線で帰路に着く。

投稿者:

M&K木下社長との面会を終えて、わざわざ、社長自らが金沢駅まで送ってくださった。初めて奥様(取締役)にもお目にかかった(お嬢さんとご長男には東京でお目にかかっている)。 ザックバランな話ばかりだったが、先々大いにビジネスにつながる話ばかりだった。

木下社長は、石川県に留まらず、全国に留まらず、海外にも積極的に展開しているチャレンジ精神旺盛な事業家だ。
金沢に限らず地方の経済界は実に保守的だ。ベンチャービジネスには冷たいところがある。
よく考えてみよ。その保守的な企業も元々はベンチャーだったのではないのか。
そんなことに思いを致さず、今の自己保身に費やす肝の小さい経営者が如何に多いことか。

私は事業家の才覚は全く待ち合わせていない。素直な心になれば、そのことは自分が一番よく分かる。
しかし、プライドとかくだらない自尊心とか、肝っ玉が小さい経営者は意味のない保守に拘る。素直な心になることができないのだ。

同じことは多くの東大卒の御仁にも言える。
偶々、18歳か19歳か、成人になる前に成績が良かっただけで、東大に合格しただけだ。
ピンキリがあるが、東大生は優秀である。それは「人間的」にではない。ビジネスの才覚があるからでもない。その時の偏差値が高かっただけだ。それなのに「我こそはリーダーだ」と思っている人が多い。どうしようもない人もいるにも関わらずだ。だから、素直に自分の器量が分からない。素直な人間になることができない人が意外と多いのだ。

私など、才覚もないし、能力もないと自覚している。だから才覚ある人、能力ある人を素直に認める。
しかし、誰にも負けないと自負している事はある。
人の懐にスッと入っていく私なりの個性だ。誰にも真似ができないだろう個性があるからだと思う。そして、人に騙されても人を騙すことは決してしない「素直なな心」を持っていることだ。
だから、逆に、東大卒の肩書きが大いに生きることになる(ある東大応援部の先輩は、「小林ほど東大らしくないくせに東大の肩書きをストレートに利用している人間はいない」と。きっと褒め言葉だと思うが、そのように言ってくださる。

人間は素直が一番いい。偶々東大に入っただけで、人生を棒に振ることはないだろうにと思う。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

iPhoneから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です