素晴らしい人たちとの出会い

投稿者:

私は出張の宿泊はドーミーインに決めている。それは、温泉付であり朝食が美味しいからだ。
一日のスタートを切るのに、温泉の朝風呂と美味しい朝食は絶対と言っていいほど幸せなビジネス&ボランティア活動につながると私は信じている。 それとグリコのおまけではないが、「1粒で2度美味しい」オンとオフの両立ができることだ。

ドーミーインでの宿泊は私にとっては最高のコスパになっている。

一昨夜は、大阪のドーミーインpremium大阪北浜。昨夜は、福岡で定宿のドーミーイン博多祇園だ。
今朝も3時半に目覚め、塩泉に浸かり、髭と頭髪を剃る。爽やかな一日のスタートだ。
今日は、久山町の久原本家を訪問し、コロナ禍明けにスタートしたいと考えているNEW OUEN塾についてのご報告とご意見を拝聴する。 珍しく、今日の福岡での活動はこれだけ。午後一で福岡空港から帰宅の途に着く。外苑前の事務所には16時過ぎには着くだろう。こんなゆったりとした日があってもいい。

昨日、高校同期の戸田等さんからメールをいただいた。彼は京都に住んでいる。
10月8日に西櫻亭(伊勢丹新宿)で開催した関東同期会にも京都から馳せ参じてくれた。
戸田さんのメールには、一昨日(24日)、京都四条で私とそっくりな人に会った。まさか、私が京都に来てはいないと思って声をかけなかったが、OUEN blogを読んで、私が四条に来ていたことを知ったと書いてあった。

ちょうど13時半に四条のSUSさんを訪問して、14時半頃、阪急烏丸駅ですれ違ったのだろうか。
戸田さんのメールで、私はすぐ思った。
「世の中は狭い。どこで誰が見ているか分からない。『天網恢恢疎にして漏らさず』という諺もある。悪いことはできない。正しく真っ直ぐな人生を送ることだ」 私は何でも教訓にしてしまう。

7時51分新大阪発の山陽新幹線みずほに乗り、9時58分に小倉に着く。2時間強。これくらいが疲れない乗車時間だ。

ゼオライトの藤瀬さんが迎えに来てくれて、北九州と福岡の企業を3社訪問。OUEN塾もあるが、ビジネスもある。
夜はゼオライト嶋村社長と会食した。

嶋村社長との会食の中で、OUEN Japan のミッション=地域創生について大いにヒントになるお話しを聞くことができた。やはりリアルに限る。

ゼオライトのビジネスも時代の変化に合わせて大きく展開していかなければならない。SDGsを意識した経営、地域創生にも貢献していかなければならないと。 女性リーダーの育成もそうだ。日本は、人口の半分を占めている女性の能力をほとんど活かしていないと。

⑴能登の地域創生と水道事業の民営化

⑵NEW OUEN塾のテーマ
①女性リーダーの育成
女性が育てば男性がついていく。ダイバーシティがキーワード。
②皆んなで地域創生
主役は地元だが、都会がサポーターとして地域創生に貢献する。SDGsと地域創生と利他の心。

リアルでないとアイディアは生まれてこない。Webはあくまでもサブであるべきだと思う。

嶋村社長は素晴らしい経営者だ。
「団長、『急がば回れ』はほんとうですね。利他はビジネスのベースですね。永田さんのお人柄を知るにつけても、そのことを強く認識しました」と。

私が明治安田生命にエージェントとして入社できたのも永田さんがいらっしゃらなければ、なかったことだ。私の大恩人である。
私が永田さんと嶋村社長をお引き合わせしたのだが、嶋村社長も永田さんに対して、私と同じ思いをお持ちになったのだろう。

人とのご縁は不思議なようで不思議ではない。必然だ。

「類は友を呼ぶ」
「大才は袖触れ合う縁をも生かす」

素晴らしい人には素晴らしい人が集まってくる。私は、素晴らしい人になりたいと思う。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です