住所録を整理する。

投稿者:

今年の猛暑は流石に堪えた。10月初めまでその余韻が残っており、扇子は手離せなかった。
しかし、10月も半ばにもなると、あの暑さは何処へ行ったかと思うくらい、秋の到来を感じる。
今朝5時の事務所の気温は21度。今日の最高気温が23度とか。完全に秋ど真ん中だ。

昨日は住所録の整理で半日を過ごした。今年になって名刺交換をした方々の中で、はっきりと記憶に残っている人をリストに加えた。近々にお会いした人でも殆ど記憶に残らない人もいる。その人は加えていない。これから記憶に残る出来事があれば加えようと思う(昨日現在、リストには900名強の方々を載せている)。

来る人もあれば去る人もいる。基本的に、私は「来る人は拒まず、去る人は追わず」の主義だ。
私は案外ナイーブなところがあり、この人とはちょっと合わないなと直感が働いた時は何でもなくてもその人との距離を取ることにしている。勿論、去っていく人は追わない。たくさんの人が私の周りにいらっしゃるということも理由の一つだ。 そして、もうダボハゼのようなことは止めにしている。

コロナ禍前まで毎年開催していた【OUEN望年会】は今年から止めにする。
7月、いつものホテルに、12月の予約を入れたところ200名以上入る部屋(一つしかない)は既に12月は全ての日に予約が入っていると。 それでは、私の出陣式を開催した日本青年館(銀座線の外苑前が最寄駅)にヒアリングしたところ、こちらも同様だとか。
コロナで開催できないと判断したらキャンセルしたらいいと思ってダブルブッキングしているのだろうか。
それでは、新年会にしようと思って聞いてみると、これもびっしり予約が入っているが、1月26日(木)は空いていると。
私が生まれ変わったところだし、これからの第二の生のOUENの集まりは新年会にしようと思って予約した。ここは20卓、200名が上限だ。 コロナでどうなるか分からないが、150名くらいの人たちに集まってもらおうと思う。昨日整理した住所録はそのベースになる。

新しくスタートする【重陽の会】は、第1回が私の誕生日である11月8日だ。その賢女たちは現在のところ9名だ。自然体でもう少し増えてもいい。できたら毎年開催できたら嬉しい。 そのためにも私は元気で世のため人のために仕事をしていることが絶対条件だ。

ここのところ、毎週出張が続いている。ちょっと体調がよろしくない。どこが悪いということではないが、毎日の早朝2時間ウォーキングに今一足が向かないのだ。これからは週に2日くらいにしようかと思う。少しづつ体力は衰えてきているのだろう。 まだ先は長い。無理をせず体調を万全にして、永久現役を続けたいと思う。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です