久しぶりに、休日らしい休日を過ごす。

投稿者:

昨夜は20時前に就寝したから7時間は眠った。今朝は3時前に目覚めたが、充分寝足りた感覚があった。眠りが浅いと快調に一日のスタートを切ることができない。つくづく睡眠は健康の源泉だと思う。

3時過ぎに事務所に出かけ、4時から早朝ウォーキングだ。いつもより1時間は早い。
今日は雨模様の一日だというので、午前の早い時間帯だったので何とか雨に降られなかった。
今日は皇居一周コース、6時過ぎまでウォーキング。たっぷりと汗をかいて朝風呂に浸かった。
8時過ぎに帰宅し、朝食を摂り、軽く朝寝をする。やはり、2時間ウォーキングの疲れもあって1時間足らずだが深い睡眠を取り、10時半に事務所に出かけた。

今日は久しぶりに日本橋丸善に出かけた。新聞の広告欄に載っていた新刊本を買い求めるのが目的だ。

⑴「70歳が老化の分かれ道」/和田秀樹著、詩想社新書
〜若さを持続する人、一気に衰える人の違い〜
帯には「2022年上半期ベストセラー第1位、30万部突破」と書いてある。
私は70歳になって急に仕事が忙しくなってきた。老けているわけにはいかない。生まれ変わったのだから当然だ。
私なりに「若さを持続する秘訣はこんなことだろう」と分かっているつもりだが、精神科医の和田先生はどんなことを書いているのだろう。

⑵「日本人の真価」/藤原正彦著、文春新書
〜この国は再生できる〜
美意識と武士道精神で、危機の時代を生き抜く。

混迷の時代を如何に生き抜くか。硬派の藤原先生のご高説を、素直な心で頭に叩き込もう。

そのほか、

⑶「人間ってなんだ」/鴻上尚史著、講談社+α新書
〜「優しさ」じゃない。相手の「事情」を理解する能力だ〜
⑷「人生ってなんだ」/鴻上尚史著、講談社+α新書
〜自分は、「探す」ものではなく、「作っていく」ものだ〜
⑸「ありのままの自分で人がついてくる『リーダーの習慣』/ナイジェル・カンバーランド著、ダイヤモンド社
〜優れたリーダーがやっているすべてをこの一冊に凝縮。チームがまとまり、仕事がうまくいく!
リーダーは「才能」ではなく「習慣」でつくられる〜

日頃考え続けているテーマだ。これらの本の内容をプラスして、頭を整理しよう。

今日は久しぶりの休日らしい休日になった。たまにはこういう日があっていい。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。