OUEN望年会からOUEN新年会へ

投稿者:

今朝は4時前に目覚め、事務所で一仕事して、6時から8時まで2時間ウォーキングを愉しんだ。10日ぶりだ。ウォーキングは身体のリフレッシュの他に、私にとっては”歩く書斎”でもある。事務所であれば、どうしても仕事が中心にならざるを得ないが、私にとってのウォーキングは、”人生如何に生きるべきか”の哲学的思索の時間である。 まだ暑くなる前だが、たっぷり汗をかいて、爽やかな一日をスタートすることができた。

コロナで2年ご無沙汰しているが、それまでは、毎年末にOUEN望年会を開催していた。
今年は3年ぶりと思い、いつもの東京ガーデンパレスに空き状況を問いあわせたところ、既に12月中旬は空きがない。それではと、出陣式を開催した日本青年館に聞いたがこちらも同様だ。年末はまだ先であり、コロナの状況を考えてもしょうがないということで予約で埋まってしまったのだろう。

どうしようかと考えたが、年末は皆さんご多忙だろう。年始の方がまだゆとりがあるのではないか。また、私は生まれ変わったのだから、それまでしていたことに拘ることはない。
と考え、年明けの”新年会(1月下旬)”、会場は生まれ変わった”日本青年館”、企画は今までとガラッと変える。お呼びする人は、過去に拘らず、私個人の人間的つながりを第一に考える。勿論、OUEN Company はビジネス色が強いのだが、そのベースにハートが不可欠だ。ビジネスOnlyでお声を掛けることはやめよう。何せ、人数は200名とはいかないのだ。出陣式は150名だったが、それと似たり寄ったり。せいぜい160名が上限だろう。
致し方ない。私が独断と偏見で対処するしかない。その考え方はあくまでも私の生き方をストンと腹落ちしてくださる人たちにしたい。NEW OUEN Japan&小林博重はそろそろダボハゼから脱却しよう。NEW OUEN Japan はビジネスのベースに、私が拘る”人間くさい温かさ”を置こうと思う。

ということで、OUEN Japan 新年会は、
日程:1月26日(木)
会場:日本青年館(明治神宮球場の向かい)
と決定した。

11月にはNEWOUEN新年会のご案内状を出そうと思う。
それまで、私の人脈をフルに使って、ビジネスマッチング、ビジネスコラボレーションに徹する。
そしてそれが、来年からのOUEN塾のベースになることだろう。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。