愛娘との青山墓地の墓参り

投稿者:

安藤裕美さんも私同様日々多忙を極めている。私はフーテンの寅さんのようなものだから、何事も自分勝手にできるといえばできるが、彼女は数十人の従業員を抱えている。私のような気儘なことはしたくてもできない。正に寅さんの台詞ではないが「女はつらいよ」の世界だ。

土曜日に時間ができたというので、久しぶりに裕美ちゃんが事務所にいらした。ちょうど昼時だったので近くの台湾料理屋で軽く一杯やりながらランチを楽しんだ。

彼女が「食事が終わったら、おじいさんの青山墓地のお墓参りをしましょうか」というので、墓地通りでお花とお線香を買ってお参りをした。
彼女の実のおじいさんの安藤明さんは昭和天皇とマッカーサー元帥の会見を取り持った影の立役者だ。明さんのお墓は青山墓地にあることは裕美ちゃんから聞いていたが、お盆にお参りできるとは。

2人でお墓の周りに生えている草をむしって、お墓に水をかけてお参りした。
裕美ちゃんが私の愛娘なら明さんは私の父に当たる。「人生如何に生きるか」を身を以て示してくれた心の父だ。

「生きる」とは何だろう?
自分の幸せを求めて生きることが人間の本能であるから、そのために「人のために生きる」のだ。自分のためは人のため。それが自然体でできるようになることだ。それが人間の成長なのだ。 「人のために尽くす」ことは、自分のため、自分の幸せのため。滅私奉公では一瞬で終わるが、活私奉公はサスティナブル。活私奉公こそが、目指す人間の在り方なのだ。

今日までの10日間、夏風邪を拗らせ、そのため、早朝ウォーキングを休んでも、仕事は休まず、何とか身体を騙し騙しやってきた。そして、その上がりが裕美ちゃんとの厄祓いの一杯だ。 明日からは早朝ウォーキングを再開して、日常の生活に戻ることとしよう。

人間、何よりも元気が一番。明るいのが一番。元気と明るさでこの夏の暑さを乗り越えよう!!!

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。