夢見る夢夫から脱皮する。

投稿者:

戻り梅雨というのか、先週は雨天続きで気も滅入ったが、漸く今朝は雨上がりのウォーキングを楽しむことができた。
今日のウォーキングは明治神宮コースだ。朝5時の明治神宮には参拝客は疎だ。皆、私と同様にウォーキングを兼ねての参拝なのだろう。

安倍元総理の事件で、ここのところ世界平和統一家庭連合(旧統一協会)に関するニュースのオンパレードだが、宗教の人間に与える影響はこれほど大きいものなのか、驚愕を禁じ得ない。
私など、家は真言宗であるが、生前葬は浄土宗の瑞華院了聞にて戒名を授かった。了聞には月に1〜2度は朝の読経に参列しようと思うし、ウォーキングで明治神宮にも、近くの熊野神社にもお参りしている。私は、森羅万象に神の存在を認める典型的日本人だ。 典型的日本人とは無宗教のようで、それが生きる宗教になっている。きっと私のような人間は、いわゆる”宗教”にのめり込むことはないのではないか。
その第一の理由は、私が幸せな人生を送ってきたからなのだろうと思っている。人間何か不幸なことが続くと心は何かに頼ろうとする。自分に”芯”がないと”心”もなくしてしまう。  やはり、確固とした「生きる哲学」を持って生きることで、ぶれない生き方ができるのだと思う。

明日は海の日で3連休、そして、19日(火)〜22日(金)まで久しぶりに長崎(泊)〜福岡(泊)〜大阪(泊)〜京都の3泊4日の出張だ。

九州北部(福岡、佐賀、長崎)の地域創生の足掛かりを付けたいと思う。ここのところ、コロナでOUEN塾は2回開催できていない。このままでいくと、学生リーダーが集まらないので来年2月もできない。 来年4月からリーダー募集をして再来年2月にできればと思っている。それまでは、露払いでOUEN Companyのフォローに全力投球だ。

また、私は、ふるさと石川県、特に能登の地域創生に思い入れがある。金沢を核として能登の地域創生に一石を投じたいと思う。
加えて、同じ加賀百万石の越中富山にも足を伸ばしたい。
石川と富山はそれぞれが違う強みを持っている。お互いが隣同士で突っ張っていないで、それぞれの強みを出し合いながらWin Winの関係になることができるはずだ。私は微力ながら、その蝶番の役割を果たすことができないだろうか。

私は誰にも束縛されない一人で好きなことをやっているが、私は決して”一匹狼”ではない。学生たちとOUEN Companyの多くの仲間たちがいる。皆んなの力を合わせて陽のエネルギーを結集すれば、夢は現実になるのだ。その柱になるのがNPO OUEN Japanなのだ。

そんなことを繰り返し、繰り返し考えている。想いを現実にするためにせいぜい長生きをしたい。あと半世紀頑張って走りたいと思う。

不動院重陽博愛居士
(俗名 小林 博重)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。