生前葬・出陣式まで2ヶ月を切る。

投稿者:

生前葬・出陣式まで2ヶ月を切った。
OUEN望年会では、参加人数は200名に及び、ビンゴ大会の準備や22卓のテーブルに座っていただくメンバーの席順等、ほとんどを私独りでこなしていた。私しかご出席いただく一人ひとりを存じていないから、特に席順については、私しかできない作業だ。それだけ、人と人とのマッチングは超が付くほど属人的だ。

この超アナログをベースにして、倍々ゲームよろしく人脈が拡がりビジネスマッチングを成約に持っていくためにはデジタルの力が不可欠だと痛感する。 しかし、ベースに汗水掻いた超アナログの個人のネットワークがある。そのことを蔑ろにしてはいけない。

人に頼まれてビジネスマッチングをすることが私の生業なのだが、頼んでくる人の中には、超アナログの人脈がいとも簡単に私が培ってきたかのような対応をする人がいる。 ビジネスマッチングは単に親しい人を紹介するだけのビジネスではない。
相手と私の関係性で、私がどのように成約に向かってフォローしていくのか、ノウハウとはちょっと違うが、私が相手のことを考えて、さまざまな切り口でフォローをする、その私しかできないフォローを活用することをしないのだ。
このような人はプロのビジネスパーソンではない。人間を分かっていないのだ。そのような人とはそれなりに対応するが、深い付き合いにはならない。残念なことだと思う。プロのビジネスパーソンは人間通であるべきだ。

イベントまで2ヶ月を切ったこともあり、明日には皆さんにご案内状をメールしようと思う。今日は、その文面その他に四苦八苦の一日だった。

夕方に九大同期の応援団長だった楠原さんからお電話をいただいた。
今日が東京六大学野球春季リーグ戦の開幕試合で、友人2人と明治神宮球場内野席で開幕試合2試合を観戦したのだと。
東大は昨年秋の優勝校である慶應大との試合だ。途中まで接戦だったそうだが、後半に崩れて負けてしまったと。そして、結構観客は入っていたそうだ。

旧六帝大からすれば、神宮で野球や応援ができることを羨ましく思うだろうが、私はバンカラの旧帝大応援団を東京六大学以上にこよなく愛する者である。

小林 博重

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。