OUEN Company のお力をお借りして、裕美ちゃんを応援する。

投稿者:

MYパートナーズは私がお世話になっていた明治安田生命のMDRT会員が主となって設立したコンサルティング会社である。主に、生命保険代理店や損害保険代理店を生業としているが、アセット&リスクアドバイザリー業務やビジネスアライアンス業務にも注力している。https://m-y-partners.com/

明治生命と安田生命が合併したのが平成16年1月だが、私はその前年の平成15年12月に明治生命保険代理社に入社した。同社は生命保険2社が合併すると同時に明治安田生命保険代理社となり、その後明治安田生命本体のエージェント部になった。

私は代理社と明治安田生命で約4年、生命保険および損害保険エージェントととして勤めた。
勿論、保険エージェントであるからそのための資格は取ったが、今は全くと言っていいほどその知識は持ち合わせていない。

私の営業スタイルは、全く以って営業知識が売りではなく、私の人脈でその道のプロを紹介するというもので、そのための資格を取ったようなものだ。
その道のプロに私の人脈を紹介しビジネスを成約するということだ。まさにビジネスマッチングそのもの。資格を取っても殆どその資格は生きていない。私にはそれは不得手なことだったのだ。

それを悟って、
①得手で勝負すること
②プロの人さまの力を借りること
が、私独自のビジネススタイルになった。あまり人に勧められることではない。

そんな私を明治安田生命に採用してくださったのが、現在MYパートナーズ顧問をされている永田健士さんだ。
いくつもの会社の採用面接でドロップし途方に暮れていた時だったので、この採用は本当にありがたかった。

そして、明治安田生命のトップの中のトップのエージェントが阿部哲夫さんだ。妻はいつも「阿部さんは人の心を掴む素晴らしい営業パーソンだ。お父さんも阿部さんから見習いなさい」と言う。
私もエージェントになったからには阿部さんのようなエージェントになることを目指した。
しかし所詮、私の営業スタイルではそれは無理な話しだ。そしてエージェント稼業は4年で打ち止めにして一匹狼となり、平成20年に個人会社(南青山ビジネスパートナーズ)を立ち上げ、平成26年にNPO(OUEN Japan)を立ち上げたのだ。
営業の基本は人の心を掴むこと。その人がどんなことに困っているか、どんなことを求めているかを掴んで、その解決のために自分ができることをすることだ。そのスタイルは人それぞれ、自分の得手を活かすに限る。私が稲盛さんになることができないように阿部さんにもなることはできない。

そして、令和4年、古稀を迎えてようやく私の歩く道が総天然色で見えてきた。それが私の第ニ生のスタートになったと言うことだ。

昨日は永田さんと阿部さんを日欧フーズの安藤裕美さんにご紹介した。生損保のこともあるが、彼女の新たなビジネスに拍車がかかるようになればとの想いがあってのことだ。
また、デジタルを駆使したankのサポートも期待したいものだ。

何せ、裕美ちゃんは私の愛娘だ。彼女のビジネスの成功は私の心からの願いである。

多くのOUEN Companyのお力をお借りして、彼女の大いなる成功を祈念するものである。

小林 博重

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。