体調管理に手を抜くなかれ。

投稿者:

月日の経つのは早いもの。今日は1月の最後の日だ。歳を取るとあっという間に月日が経つ。しかし、私の第二の生は、まだ1ヶ月の赤子だ。

午前は水天宮前のロイヤルパークホテルにて、MYパートナーズ永田さんと南麻布了聞の馬形さんを引き合わせた。
永田さんは、私が明治安田生命エージェントになった時、採用していただいた大恩人だ。
馬形さんは、大学から銀行まで半世紀近く付き合っている後輩であり朋友だ。
私が自信を持って紹介できる両名のセッティングだ。長続きするビジネスの基本は信頼がおける人間関係だ。きっとこのビジネスは順調に進むだろう。

午後は、月一のかかりつけ医の藤田クリニックの藤田先生に人間ドックの健康診断成績表をお見せして、今後のアドバイスをいただいた。
昨年4月に糖尿病の気があるとの診断で、食事療法と運動(ウォーキング)を勧められた。ウォーキングは継続しているが、食事療法は一時効果が出て、それで少し手を抜いてしまった。それが敵面に体重に出ている。一時は5キロ減量できたのだが、元に戻ってしまった。 まだ糖尿の数値は正常値の上限だから、これからは手を抜くことなく、減量に精を出そう。
何せ120歳まで、あと半世紀は現役で仕事をするのだ。

先生の診断を終えて、早速2時間ウォーキングをした。昨日歩いた逆回り。2万歩を超えた。
ちょっとスッキリした。あとは食事療法の徹底だ。今夜の夕食から気を付けよう。

小林 博重

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。