成功への情熱

2ヶ月ぶりに金沢・能登の出張だ。今日と明後日は金沢、明日は能登(七尾)の2泊3日。連泊は久しぶりだ。私のふるさとでもあり、それは楽しみなのだが、今回は唯一、香箱蟹を食すことができないのが残念だ(香箱蟹はずわい蟹の雌で、繁殖のため、12月までしか獲ることができないためだ)。

今日は、浦建築研究所浦社長訪問(2案件で、別々で2社と同行する)、共立メンテナンス大西支店長との打ち合わせの後、OUEN塾の学生リーダーたちとの新年会を兼ねた「能登の地域創生」についての打ち合わせだ。

北陸新幹線[はくたか(自由席)]で金沢まで行く。今年の北陸地方はいつも以上の大雪だ。
新幹線は雪には強いが、念のため、一つ前のはくたかに乗る。乗車時間3時間4分。金沢までは、[かがやき]より約30分遅く着くが、時間に余裕がある時は、自由席がある[はくたか]に限る。

今朝は、3時過ぎに目覚め、4時には事務所に着いた。朝風呂に浸かり、6時過ぎまで『成功への情熱』ーPASSONー(稲盛和夫著)を読む。もう何度読んだだろうか。何度読んでも新鮮な気持ちで読むことができる。私の座右の書だ。

何でいつも新鮮なのかと言ったら、それは私がまだまだその域には程遠く、読むたびに気付きがあるからだ。そして、私が日々少しずつでも進歩しているからなのだと思う。心は永遠に青春だということだ。

成功への情熱-PASSON-
Ⅰ.人生で成功するには、
ーHOW TO SUCCEED IN LIFEー
成功への方程式
①能力×②熱意×③考え方

Ⅱ.ビジネスで成功するには、
ーHOW TO SUCCEED IN BUSINESSー
情熱ーPASSONー
⑴利益→P(PROFIT)
⑵願望→A(AMBITION)
⑶誠実さ→S(SINCERITY)
⑷真の強さ→S(STRENGTH)
⑸創意工夫→I(INNOVATION)
⑹積極思考→O(OPTIMISM)
⑺決してあきらめない→N(NEVER GIVE UP)

成功とはお金持ちになるとか高い地位に着くとか、名誉を得るとか、そんなことではない。それは付随的なことに過ぎない。
成功とは人間の幸せであり、「全力疾走で生きてきて、後悔のない人生だったと思うことができ」「後に続く後輩たちが、私の夢を引き継いで生きてくれることを見届けて」「大変だったが、素晴らしい人生だった」と、棺を覆いこの世から旅立つ時に思うことができたら、それを「人生の成功」と言うのではないか。

改めて『成功への情熱』を読んで、私は少し、その成功の入り口にたどり着いたのではないかと思った。やっとたどり着いたので、もっと深掘りするためには、一層健康に留意して、10の成功の要諦を極め続けなければならない。

第ニの生が始まったばかりで、これからの半世紀に及ぶ人生が待っている。いつ果てるやもしれないからあまりゆっくり、ゆったりとはできないが、しっかりと地道に成功への情熱を持って「人生の王道」を歩いていきたいと思う。

小林 博重