長崎県での『地域創生』サポート

投稿者:

朝一番の地下鉄で羽田空港に向かう。今日から1泊2日の長崎・福岡出張だ。
1日目は長崎県川棚町と波佐見町への地域創生のプレゼンだ。ニチモの日浦社長、鯉ノ内役員、倉田社員を同行する。

川棚町は東大応援部の先輩である田口一信さんが町議会議員をされている。田口さんのセッティングで波佐見町(川棚町の隣町)の議員さんも同席していただける。長崎IR以来、田口さんにはいつもお世話になりっぱなしだ。感謝してもし過ぎることはない。

長崎県は九州7県の中で一番人口の減少率が高い県だそうな。自然資産と歴史資産の両方とも、九州屈指の県だと思うが、地元の人は福岡や首都圏、関西圏に出ていってしまう。どうしたらいいか。 そのため、長崎県や佐世保市は、ハウステンボスの隣接地にIR(統合型リゾート)を誘致しようと考えたのだろうが果たしてどうなることやら。雲行きは怪しいようだ。

私もこの長崎IRに少し絡んでいたが、残念ながら、私が関わっていたチームはドロップしてしまった。

落ちてみて、考えた。
長崎IRを、長崎のみならず九州の地域創生の起爆剤にしようとして、私もそのように思い、関わったのだが、如何せん、IRは「上から目線」で地域を創生する思惑がある。地元企業や住民は受け身だ。 トリクルダウンは安倍政権で成果は出ていない。そんなことで私は、地元企業や住民を主役にしない長崎IRは地域創生には繋がらないのではないかと思うに至った。

私がこの1年半、長崎県と佐賀県で人脈を発掘してきた。福岡県では、今まで3回の[OUEN塾in福岡・北九州]開催で、福岡の協賛いただいた企業は約50社に及ぶ。

「転んでもただでは起きない」

地域創生サポートはOUEN Japanの最終のミッションだ。
福岡・佐賀・長崎の九州北部3県の地域創生のために、この人脈をフルに活用したいと思う。

小林 博重