昨日の「2つの収穫」

投稿者:

昨日の収穫の一つ
今月になって、身体の至るところが痒い。冬は湿度が低いせいで乾燥肌になるせいだとか。これも歳を取ったせいかと思っていた。
ちょうど昨日(12月8日、水曜日)にNHKで『ガッテン』が乾燥肌をテーマに放映していた。
乾燥肌の原因は汗をかかないことにあるのだとか。乾燥肌は若い人の中にも少なからずいて、彼らは風呂に浸からずシャワーのみの生活だった。そのせいで、あまり発汗しない体質になっていたらしい。すなわち、汗は「天然の美容液」というわけだ。汗には尿素・乳酸・乳酸ナトリウム・乳酸カリウムなどの保湿成分が含まれていて、皮膚の表面の水分・角層の水分・空気中の水分と結びつき「水のバリア」を作ることで、肌を乾燥から守ってくれるらしい。
私の乾燥肌も冬になると発汗が少なくなるせいだったのだ。ウォーキングでも速足で歩いているがさほど汗はかかない。風呂は「カラスの行水」でゆっくりゆったりと風呂に浸かることはしていない。 これからはもっと速足でのウォーキングと10分以上風呂に浸かることを心がけて、汗をかくことを意識しようと思う。これで一つ、私の肌が痒い悩みは解決するだろう。
収穫の二つ
昨日は冷たい雨で寒く、出掛けるのが億劫だったが、3人の方々にお会いし、いろいろな情報交換をして、実に実りの多い一日だった。 それもお会いした方々は皆、心が清い人ばかりだ。
大組織で定年まで勤め、そのバックを新しいビジネスにフル活用している方や、社会貢献の想いが強く、その実現に残りの人生を懸けている方、人のために生きることを我がミッションと思い、新たなチャレンジを考えている方など。
心が清い方々との意見交換は実に楽しい。それぞれがお持ちの背景、人脈は皆違い、私はそれをつなぎ合わせる役目を務めたいと思う。
これからのビジネスは決して大組織が中心ではない。一人ひとりの個性が生きて、それが緩やかな組織としてコラボすることで、今までの大組織で成していた以上の社会貢献をすることができると思う。大組織はそれを構成している個の人間性を否定してしまうことがなきにしもあらずだからだ。
少なくとも私は大組織の中にいる人間ではない。大組織に属することで私の個性は失われる。
これからの私は、個性と個性をつなぎ合わせる蝶番の役割を果たそうと思う。それは人を応援=OUENするということだ。応援=OUENはあくまでも黒子であり、それぞれの個を生かすことに徹することなのだ。
小林 博重