無事、2泊3日の九州出張を終える。

投稿者:

2泊3日の九州(福岡、長崎)出張を無事終えて長崎空港から帰路に着く。長崎空港でたっぷり時間があったので、いつも利用しているレストランエアポートで芋焼酎とツマミ、長崎ちゃんぽんでお腹を満たす。客同士の間隔はたっぷり空いているので、電話で数多、ビジネスのアポイントを取る。一石二鳥の小林流ビジネスの手法だ。
そして、再来週にはまた福岡に出張することになった。年明けには札幌だ。金沢と能登にも年明けに出張することになっている。
福岡、長崎、金沢、能登、札幌、仙台等、私は今年、第一の生を終えようとしているが、第二の生のための種蒔きをしているのか、日本国中飛び回って、いいことばかり「犬も歩けば棒に当たる」ことが頻繁だ。
この「犬も歩けば棒に当たる」には二つの意味があるそうだ。
一つは、何かをしようとすれば、何かと災難に遭うことも多いというたとえ。
二つは、出歩けば思わぬ幸運に出会うとのたとえ。
確かに、私の「犬も歩けば」は二番目のたとえだと思う。
私は、何事も降りかかる火の粉は私を磨く「磨き砂」と思い、成長のために私にいろいろなことが降りかかってくると思って生きている。
そうすれば、みなそのようなことになるのだ。そのように思っているからそのようになっていく。当たり前のことだ。何も不思議なことではない。これも稲盛哲学の一つなのだ。一つづつ実践して血肉に変えていくことだ。
長崎のお土産はカステラと蒲鉾だと九州教具の船橋社長に教えていただいた。枇杷も特産だ。
お腹を満たした後で、売店でお土産を買い求める。長崎発20時20分のJALだが、まだまだ時間がある。ということで、このブログを書いている。
今回の九州出張は、ご馳走の連続でお酒も昼夜と、アルコールが身体中を回っている。久しぶりに酒漬けの2日間を過ごした。
明日と明後日は、ウォーキングで健康に留意した生活に戻すことにしよう。
小林 博重