一本道からダイバーシティへ

投稿者:

11月28日に満69歳(数え70歳)の誕生日祝いをしていただいた。
これからは、これまでの一本道の価値観から卒業し、ダイバーシティ(多様性)の価値観の中で生きていこうと思う。
人生の春夏秋冬

一本道をひたすら真っ直ぐ走り続けた45年間ではなかったか。
幼い頃から東大を目指し、人生の坂の上の雲を追いかけてきた。大学は応援部三昧にかこつけて勉強に身が入らず、就職は公務員試験で挫折した。しかし、柄にもなく、金融の世界で坂の上の雲を目指そうと、21年走ってきた。 そして、若気の至りで44歳6カ月で銀行を中途退職した。

45歳から70歳までの25年間は、一本道の価値観との闘いではなかったか。
自分自身を知ることなく大組織を飛び出した甘ちゃんにとって世間は絶えず冬の日本海だった。その荒海に揉まれ、右往左往しながら生簀の魚の精神はズタズタに切り裂かれた。精神を病み、もう我が人生はこれまでかと思ったことも一度ならず(こんなどうしようもないどん底に落ちた甘ちゃんを支え続けてくれた妻には心から感謝の気持ちでいっぱいだ)。
しかし、世の中は捨てたものではない。
七転八倒しながらも素直な心で真っ直ぐに生きていると、一縷の光明が差し込んでくるものだ。少しずつ薄皮が剥がれるように苦しみは遠のき、幸せの女神たちが私に近づいてきてくれた。ほんとにそれは女神ばかりだったことは不思議なことだ。
そして、老若男女、皆さんのお支えをいただきながら、私の一本道の価値観は少しずつ、今で言うダイバーシティの価値観に変わっていったように思う。この価値観の変化の根っこには、祖父が祖母を大切に思っていた「女神信仰」があるのではないか。
そして、数え70歳を迎えた今、ダイバーシティは多くの幸運を私に引き寄せてくれる。一本道の価値観を脱ぎ捨てることが幸せの入り口なのだ。

この秋こそが、まさに「実りの秋」だ。
第一生(春夏)の財産をフルに生かして、老若男女、多くの人たちの支えをいただきながら、その支えに恩返しすることを忘れず、誰にも負けない努力を続けていくことだ。そして、感謝と謙虚を忘れないことだ。
そして、老人の最も幸せな最期は、仕事の最中に倒れることであるなら、私の冬はないほうがいい。秋の盛りに天に召されることが最高の幸せだろう。
そうであれば、秋は100歳までではなく、「私の秋は120歳まで」と修正しよう。
小林 博重