点→線→面→立体へとアウフヘーベンして、地域創生を目 指す。

投稿者:

昨日の午前はアポが入っていなかったので、皇居一周の2時間ウォーキングを楽しんだ。
ウォーキングは、夏の暑い盛りは早暁、11月からは午後の暖かい時間帯を基本とするが、昨日のようにアポイントの関係で午前中ということもある。 気持ちがちょっとゆったりだったせいか、早暁では目に入らなかったお堀に泳いでいる鴨の群れに目を奪われた。皇居のお堀にはこんなに鴨がいるんだ。
内堀通りは、平日の日中はランニングする人たちは疎らだ。勿論、早暁は全く人っ子1人いないが、宮仕えでない身はどうにでも自由が利くわけだから、皇居一周ウォーキングは、3密を避ける意味でも、早朝よりも人が疎らな日中がいい。
ウォーキングをしながら、いろいろなビジネスマッチングやこれからのOUEN Japan についてアイディアが浮かんでくる。 健康とビジネス&ボランティアの一石二鳥というところか。また、私の生き方スタイルも、年中無休、年中遊びであり、これも一石二鳥だ。
午後は1社のみが来社されたが、それをきっかけにビジネスマッチングができた。また、電話やメールで一つならずのビジネスマッチング、ビジネスコラボレーションができた。
私は人好きのせいもあり、自然と人が私の周りに集まってきてくれる。
当初は点だったものが、それが線(ビジネスマッチング)になり、面(ビジネスコラボレーション)になってくる。これからは3次元展開にしていきたい。その3次元次元展開は、具体的には、『地域創生』サポートであり、私の生涯を掛けたミッションになる。
点→線→面→立体のアウフヘーベンは実に楽しいし面白い。やはり、仕事は楽しく面白くないと長続きしないし、いい仕事はできないと思う。
ありがたいことに、私のアナログに厚みをつけてくれるデジタルが加わって、アナログは一層生きてくる。まもなく、大幅にリニューアルしたホームページが出来上がりリリースする予定だ。 私の思いの丈を表現して、有言実行の言葉通り、満70歳からの第二生を実りの秋にしたいと思う。
小林 博重