柔らか頭で女性と付き合う。

投稿者:

Mapビジネスはビジネスコラボレーションサポートだ。私が人と人、企業と企業をつないで、関わる企業や人全てがハッピーになるコーディネートをすることだ。1対1のことが多いが、3者以上を結び付けることが増えてきている。それは私の人脈がどんどん増えて、その企業同士をコラボレーションするからだ。
人脈の年代は学生の18歳からから70歳代まで幅は広い。サラリーマン時代では考えられない。個人事業主であっても私のようなビジネスとボランティアが一体不可分の活動をしている人でなければ、考えられないだろう。その点で私は、このキャラクターを与えてくれた天に感謝したい。
昨夜は、そんなビジネスコラボレーションのキックオフMTGを私の事務所およびその延長で同じビルの2階のひごの屋という美味しい焼き鳥屋で行なった。飲み会は6時から10時までの4時間に及んだ。女性優位の飲み会だったのでまるで女子会の中に入っている感覚だった。
「女子は強し」当に21世紀は女性が元気だ。女性の時代だ。女性が世の中を変える、そんな時代だと思う。ビジネスの成功は如何に女性の心を掴むかだ。「女性を上手く使う」という発想では足元をすくわれる。この前、辞任に追い込まれた「どうしようもない正直大臣」のような精神構造では女性は動かない。皆んな賢いのだ。
私の周りは高校や大学時代からは考えられないほどの女性が集まっている。それも皆さん、賢い女性ばかりだ。私が成長するにつれて、周りの女性のレベルも高レベルになってきている。すなわち、女性のレベルは私のレベルでもある。
そんなことで、昨夜の飲み会は年甲斐もなく長丁場でグロッキー気味で自宅に帰ってバタンキューだったが、実に楽しい会だった。
小林 博重
iPhoneから送信