魅力的な石川県

投稿者:

金沢では、今日(5.31)から明後日(6.2)の日曜日までの3日間は「百万石まつり」だ。メインイベントは6月1日の百万石行列だ。前田利家の金沢城入城を祝って行われる。金沢城公園を貫く道路では数日前から有料観覧席設置の作業が行われている。今年の前田利家役は加藤晴彦さん、まつ役は藤本美貴さんだ。
行列は大名行列をイメージしており、衣裳は京都から借りているのだとか。京都の「時代祭」で使用しているものを借りるらしい。時代祭で使用される武家の衣裳を借りるのだろう。
タクシーの運転手さんは、金沢マラソンの時ほどではないが交通規制があり、商売上がったりだと。
昨日は、ウォーキングを兼ねての会社訪問だったが、街行く人たちには多くの外国人がウォーキングしながら観光を楽しんでいる。金沢はコンパクトシティなので、わざわざタクシーに乗ることもないのだろう。外国人でもウォーキングは白人が圧倒的だ。中国人は観光バスで観光することが多いのだとか。さもありなん。
北陸新幹線が開業して、今まで以上に、金沢は、観光のみならず終の住処として人気のあるメインな地方都市になったように思う。
私は、今日は富山に日帰り出張、明日明後日は京都なのでまつりを堪能することができない。残念だ。
妻には、私が金沢に出張している時に金沢をはじめとして加賀と能登の観光を楽しんでほしいと思う。
石川県は、自然のみならず文化面でも魅力的な地方と思う。素晴らしい石川県を堪能してほしいものだ。
小林 博重
iPhoneから送信