5月の福岡・北九州出張を終えて

4泊5日の福岡・北九州出張を終えて小倉からエアポートバスで北九州空港に到着した。
20:55発のJALまで1時間半以上時間がある。いつものレストランで夕食を兼ねて軽い晩酌を愉しむことにする。
OUEN塾は、第3回[in福岡・北九州]の他、各大学バージョン(福岡女子大学、福岡工業大学、北九州市立大学)も一歩進んだ。 また、Mapビジネスにおいては、福岡と東京の企業のマッチングもいくつか形になる模様だ。
毎月、4泊5日の福岡・北九州出張は月を重ねる毎に充実してきていると感じる。ありがたいことだ。
ボランティアもビジネスも、いずれも「世のため人のため」がベースになければならない。そうでないと長続きしない。多くの人たちが「小林の言うことなら話を聞こう」とならないのだ。 話を聞いていただくまでに行くとビジネスは半ば成約したようなものだ。そこまでたどり着くのに時間と労力がかかるのだ。
商売上手な賢い人たちは私を使うのが上手い。そして相手が私なのだからかもしれないが、私が何をしてくれたら喜ぶかよく分かっている。それはお互い様だと思う。
メールやラインはコミュニケーションには実にありがたいツールだと思う。私のようなアナログ人間で情の世界で生きている人間が、このツールを、たとえ若者レベルでなくても、副次的に使いこなすことができれば、人的削減は計り知れない。私のような一匹オオカミにとって現代は個性を最高に生かすことができる時代だと思う。
東京の私がサポートをしている人たちからも、頻繁にメールやラインが届く。スマホで全て見ることができるので、東京を離れている1週間のブランクは全くない。いい時代だと思う。
と言っても資料作りをはじめとした肝心要の仕事は出張ではできないことも多いから、明日からの土日は休みなしに仕事漬けになる。それもまた楽しからずやだ。
今回のお土産は北九州空港で買った。明太子にした。たくさんの明太子メーカーがあるが、やはりOUEN塾の協賛をいただいている「やまや」のものになる。もちろん
やまやの明太子は美味しいが、それにいつもお世話になっているという「情」の世界も大きなウェイトだと思う。義理と人情をなくしたら、それは人間として失格の烙印を押されるのだ。
人間として譲れないものは決して譲ってはいけない。それが人間の品格につながる。それは顔に滲み出る。リンカーンの言った「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」という名言は当に真実だ。 品のない顔の人間は心が貧しいものだ。40歳を過ぎると、品性は顔に出る。いい顔になりたいものだ。
小林 博重
iPhoneから送信

「OUEN Japan&Mapの社会貢献」の目指 すところ

今日は福岡・北九州出張の最終日だ。今日は北九州市役所(国際局、産業経済局)、北九州市立大学、九州共立大学を訪問打ち合わせをして、北九州空港から最終便で東京に帰る。全てOUEN Japan関係だ。
昨日は福岡で支援いただいている社長とその顧問の方と夜の会食をしたが、そのおりOUEN Japanのこれからの方向性についての話しになった。
OUEN Japanは、その名の通り、日本を応援するNPO だ。大学生や留学生のみならず障がい者や老人等の社会的弱者の応援団でありたいと思う。
OUEN Japanは日本に学ぶ日本人大学生および来日留学生の応援団として5年前に設立した。私は30代前半の頃、銀行人事部で採用・教育・企画・異動・関連会社人事の業務に従事していた。人事部は「ひとごと」であり、「人が生き生きとして、その人の能力を生かして仕事に従事し、幸せな人生を送る」サポートをする組織だ。私はこの仕事が一番性に合っていたと思っている。そして、それから30年の年月が経って、その集大成としてのOUEN Japan のボランティアをしているのだ。
私は、大学生や留学生のみならず、人さまの困りごとをサポートしていきたいと思う。これはOUEN Japan のみならずMapビジネスにおいても同様だ。OUEN JapanもMapも私の分身であり、2つは一体不可分なのだ。
福岡と北九州の企業をOUEN塾のことで訪問しているが、必ず障がい者雇用の現状もヒアリングしている。この問題は国も自治体も企業も障がい者支援団体も全て悩み多き問題だ。 OUEN Japan&Mapがどんな貢献ができるのか、考動して、 その答えを見つけていきたいと思う。
小林 博重
iPhoneから送信