孫たちとの楽しいひと時

JR京都駅に9時半に到着した。2時間しか時間がないので京都駅から徒歩で往復30分の西本願寺にお詣りすることにした。11時前にJR京都駅に戻り、伊勢丹地下で次男宅のお土産を買い、11時半前に伊勢丹11階の西櫻亭に到着し、ゆったりとランチをいただいた。
2時前に高槻の次男宅に到着した。三男家族は東京から3時前に到着。4人の孫たちの内3人は6歳、5歳、3歳と小学生と幼稚園年長と年少だ。ワイワイガヤガヤ、それはまぁ、姦しい。子どもたちは目に入れても痛くない孫たちだから可愛いとは思うが、日頃このような子どもたちと接していない私などは、彼らとの数時間は実に疲れる。もちろん心地よい疲れではあるが。妻は人一倍情にもろい性格でもあるので、2年ぶりの再会(3番目の孫はまだ1歳にもなっていないのだから初めての面会になる)に感無量の様子だった。子どもたちは何よりの親孝行をしてくれたと思う。
私は高槻のホテルに泊まり、明朝の新幹線で東京に帰る。明日は、妻と長男、それに次男と三男の家族は、大阪南にある水族館に行くそうな。せいぜい楽しんできてほしい。
このような家族との触れ合いは、私にとって、これからのOUENとMapの活動に活力を与えてくれるものだ。
それぞれの活動はまだ家族にも人さまにも引き継いでもらえるような段階には至ってきないが、命の完結のおりにはそれなりのところに行くことだろうと努めている。特に血で繋がっている家族については、想いを絆として受け継いでほしいと思う。そんなことを念頭に置いて孫たちを見てしまうのだ。想いを受け継いでいってほしいと切に願うものだ。
西本願寺

西櫻亭JR京都

>
>
>

>
>
>

>
>
> iPhoneから送信

MapビジネスとOUEN=応援

昨日は、久しぶりにMapビジネスで3社を訪問した。3社ともOUEN Japanの協賛企業だ。OUENを応援していただいているので、こちらも彼らを応援する。応援とは双方向のキャッチボールだ。OUENの協賛企業は首都圏のみならず福岡県や石川県にも拡がってきているので、協賛企業同士のビジネスマッチング、ビジネスコラボレーションを核にしてビジネスの拡がりを模索する。そうすれば頭は自ずと「柔らか頭」になる。私の場合、この柔らか頭は経験知から来ている。頭でっかちの方ではないので、経験をしなければ学びはない。協賛企業が増えてきたため、柔らか頭は一層拍車がかかるのだ。面白いものだ。
企業のお手伝いができて成果が出ると、Mapも潤う。そうすれば、MapはOUENに資金面で応援することができる。ウィンウィン、さらにウィンウィンウィンになる。近江商人の三方よしだ。
安藤裕美さんはまだ33歳の若い女性経営者だ。彼女とラインで「経営に関する議論」を重ねる。経営哲学や経営理念や志からはじまって、福利厚生や売上拡大、経費削減の戦略戦術まで、幅広いブレストだ。
人間は私利私欲の塊であり、私たちの生きている世界は魑魅魍魎が蠢いている。それに厭世的になるのではなく、そんなものだと素直に受け入れて、彼らと如何にコラボレーションして理想に向かって邁進していくか。彼らを敵視するのではなく、想いを分かってもらい味方になってもらうことだ。これこそ豊臣秀吉や田中角栄に代表される「人誑し(ひとたらし)」だ。人誑しでなければ経営者になることはできない。人の上に立つリーダーになることはできない。
人生を前向きに捉えることだ。明るく真っ直ぐに、素直に捉えることだ。桃太郎や金太郎は鬼を信奉させて味方につけたのだ。単なる力づくではない。鬼神をも味方につける人誑しになることだ。そんな話もする。
若い経営者を育てることは、この自分も育つことになる。そんなことを考えると、教育者は人を教えることで自らも育つことになるのだと痛感する。まさに教育(教え育てる)から共育(共に育つ)にアウフヘーベンするのだ。その意味で、精魂込めて若い経営者を育てたいと思う。
小林 博重
iPhoneから送信
iPhoneから送信

孫たちに会う喜び

今日は、妻と、高槻に住む次男教博の家族(夫婦と子どもたち3人)に会うために大阪に向かう。長男泰博と三男明博家族(夫婦と子ども1人)も一緒だ。皆んなは明日の日曜日も行動をともにするが、私は明日、広尾でランチコンサートがあるので朝早く新幹線で東京に帰る。孫たちとの交流できないのが残念だが、6月2日の関西出張のおり、京都西櫻亭でランチを予定しているので楽しみはその時まで取っておこう。
こうして家族が集まるのは何年振りだろう。2年前に東京で集まっただろうか。
私は仕事でバタバタ、妻は実母の介護で家を空けることがままならない。お互いそのため不満を持つような子離れ孫離れしていない2人ではない。それぞれ独立した人生を送っている。孫たちの動画を送ってくれるので、私たちは、それを楽しみにしている物分かりのいい良き夫婦である。
5時過ぎの新幹線ひかりらで東京から京都に向かう。私たちは「大人の休日倶楽部」に加入しているので、JR特急料金と乗車料金は3割引きだ。ただし、新幹線ののぞみは利用できない。そのため京都まではひかりで行く。9時過ぎに京都に着き午前中は京都駅近くを観光し、お昼にJR京都駅の伊勢丹にある西櫻亭でゆっくりランチ。JR新快速で高槻まで。2時に阪急電車の高槻市駅で皆んなと合流する。そこからどうするのか、次男家族にお任せだ。
そんなことで、今日は楽しい大阪旅行の一日になる。妻は超がつくほど喜んでいる。
人生はそのひと時があるから生きていこうと思うものかもしれない。
小林 博重
iPhoneから送信