人生は長く、しかし実に短いものだ。

投稿者:

あっという間の[OUEN塾in福岡・北九州]だった。たった4日間のイベントだったが、学生リーダーにとっては実に意義のある4日間だったのではないか。実行委員の方々からも「学生リーダーの顔付きが前と後では様変わりだ」とのお言葉もいただいた。やはり、人間は実体験を通して成長するものだ。頭でっかちでは人間的成長はない。
大義によって人は動く。大義がない事業は人は付いてこないし、長続きしない。
福岡・北九州でのOUEN塾は、学生が主体となった「福岡県の地域活性化と国際交流推進」が目的だが、その大義を掲げ、果たすためには、「人の熱い想い」と「人と人の繋がり」がなければならない。一人でできることは如何にスーパースターであっても限界がある。優れたスーパースターは、熱い想いの伝道師であり、人と人の心を繋ぐ接着剤である。
OUEN塾は「人が生きていく原点を模索し見つめ直すきっかけを与えることができる」イベントなのだ。OUEN塾を通して学生リーダーは一皮も二皮も剥けて大きくなったと思う。
3月の福岡出張は4〜8日の1週間だが、昨日アポイントは全て埋まった。OUEN塾のお礼と4月以降のOUEN Japanの活動の種蒔きだ。OUEN Japanは3月で一旦リセットして、新体制で来期に臨む。OUEN JapanもMapも脱皮を繰り返すことにより大きく成長していく。年度替りは心だけではなく、組織という人間でいえば身体もリセットして新たなスタートを切る区切りになる。その準備期間がこれからの2〜3月の1ヶ月半だ。
今日は私のメンターである水谷歩さんと、安藤裕美さんが経営している丸ノ内ホテルの「大安くらぶ」でディナーをご一緒する。
安藤さんとはひょんなことで知り合ったが、『生き方哲学』で共感するところがあり、何度かメールのやり取りをした。彼女とは親子以上の年の差があるが、刺激し合う友人は年の差は全く関係ない。なにせ私は学生リーダーたちとも精神的刺激をしあっている仲である。
OUEN JapanもMapもそろそろ本質志向を徹底する時期に差し掛かっている。
人生の長さを考えた時、悠長なことをしている余裕はありはしない。
人生は長いが、しかし実に短いものだから。
小林 博重
iPhoneから送信