私の夢語り

投稿者:

多方面の方々からいろいろなビジネスサポート依頼のお話をいただくようになりました。ビジネスコラボレーションサポートはMapですが、究極的にはOUENの資金稼ぎの手段的意味があります。お客様のためにもOUENのためにもMapビジネスを活性化しなければなりません。昔は私から働きかけなければならなかったのですが、お蔭様で今はお客様からお話をいただきます。ありがたいことです。
しかし、私は一人しかいませんし、私の属人的な人脈が売りになっているので、いくら効率的にと言ったところで限界があります。どうしても選別して、できることとコストパフォーマンスが高いものが優先されます。たった一人と言っても経営感覚が要請されるのです。 順序として、
(1)Mapビジネスを早急に軌道に乗せること。設立して8年以上経っているのですから遅きに失しています。そして私は還暦4歳になりました。時は待ってくれません。
(2)現在のビジネスモデルが今のままでは私一人だけのビジネスです。OUENが軌道に乗って寄付や会員がどんどん増えてくれればいいのですが、なかなかそう上手くはいかないことを想定して、MapがOUENの資金源として継続していくために属人的ビジネスモデルからの脱皮が不可欠になります。
(3)私の想いを継いでくれる後継者を育てるような段階まで到達したいと思います。人は後に続く者に想いを伝えて成長発展してきました。それは原始的には血のつながりでしょうし、組織としてのバトンの受け渡しでもあります。 今の私には、まだまだ夢語りのようなところがありますが、ようやくこのような想いに至るようになったことを嬉しく思います。
小林 博重

iPhoneから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です