私のメンター

投稿者:

メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者。恩師。顧問。信頼のおける相談相手。

私のメンターは松下幸之助さん、本田宗一郎さん、稲盛和夫さん等、昭和・平成の名経営者です。彼らは私にとって人生=経営を諭して下さる師であり、哲学者です。 人生に悩んだとき、それは自分がぶれているときです。彼らの書籍を繰り返し読むことにより、原点である「ものの見方・考え方」に立ち返ります。

加えて、私にはもう一人のメンターがいます。私の20歳も年下の女性です。身に起こる些細なことで判断に悩むことがあります。そんなとき彼女にご相談します。 私は、包み隠さず悩みを話します。彼女は、無私な心で、私に貴重なアドバイスをしてくれます。そして、私は、不思議にも心が落ち着いて、とても素直な自分になるのです。

魂年齢は自然年齢に比例しないようです。人はいろいろな人生経験を経て人間修養を重ね魂年齢を引き上げて行くものですが、生まれつき魂年齢が高い人がいるのです。

松下幸之助さんは、何よりも「素直」が大切と仰っていらっしゃいます。年齢の多寡に関わらず、魂年齢の高い人のアドバイスを素直に聴き、身を処する素直さが、幸せの最短距離なのだと思います。

小林 博重

iPhoneから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です